読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

処女の女の子とデートして処女の理由がわかった

 その子との出会いは、その子が掲示板で友達を募集していて、なんとなく友達になってみようと思って話しかけたところ、ゲームが好きだということだったので、相手がハマっているスマホのゲームの話(僕はそのゲームを全く知らない)をがんばって付き合った。誰々が可愛いとか、誰々は私のものだ、いや僕のものだ(別にほしくないけど)、などと言い合っているうちに結構仲良くなれた。この時点ではまだ処女とか色々な情報は一切なく、ただスマホのあるゲームが好きっていうことしか知りませんでした。

 そうこうしてるうちに通話をする流れになって、声を聞いた瞬間、「あ、この子オタクだな」ってなんとなく思った。どこか声のトーンが低く、少し早口で、色気のないあっけらかんとした話し方。この頃はまだ敬語で会話していたんだけども、「すいません」の言い方が気になったのをまだ覚えている。普通の女の子が「すいません…」で、可愛らしい女の子が「す、すみません…///」だとするならば、この子は「スイマセーンwwwwww」という感じ。

 その会話の中で、その子にはどうやら彼氏がいる事が判明。二人で初詣に行く予定だそうだ。掲示板で募集をかける女の子で彼氏いるって結構やばいと思うんだけども、そのへんはいまいち気にならなかった。どうやらあまりうまくいっていないようで、彼氏が仕事で忙しくてなかなか会えていないとのことだった。

 その彼氏の話をしてる最中、彼女は自分が処女であることを告白した。彼氏も今まで数人いたことはあるらしいんだけど、そういう関係に至る前に別れてしまうそうだ。今の彼氏と一緒に寝る時は何度かあったみたいだけど、どうしても痛くて中に入れられないという事だった。

 それから、ちょくちょくその子の相談相手になった。どうすれば彼氏の気持ちを確かめられるのか、振り向いてもらうためにどうしたらいいか、本当に彼氏は私のことが好きなのか――。いろんなことを相談されて、誠実に答えた。そうこうしているうち、本当にずっと会えていないのが寂しいし一緒に遊ぶ人がほしい、とのことで、一緒に遊びに行く予定を立てていった。

 まぁでも彼氏がいる事だし素直に向こうから一緒に行こうと言ってくれることはなかった。人妻の記事でも言ったけど、後ろめたさがある時は自分から素直に言わず相手に言ってもらうようにするのはしょうがないとはいえ、良い性格をしているとはいえない。こういう、自分から言うには都合が悪いことを男に言わせて責任逃れしようとする女っていうのは本当に気をつけたほうがいいと思う(主に自分)。

 一緒に遊びに行くことになった日。本当はその日までに携帯電話をauから格安SIMの楽天バイルに変わっているはずだったんだけど、証明写真に不備があった関係で1日遅れがあり、しかも切り替えを携帯会社に任せていた事もあり、手元にあるauは使えない状況だった。つまり、その子と会う日は携帯電話を一切使えないということ。というわけで、代わりにipod touchを持って行った。wi-fiが入るところなら使えるはずなので。

 待ち合わせ場所である某駅前に到着したが早すぎたために近所をウロウロ。そのうちトイレに行きたくなって探していたが、なぜか女子トイレしか見つからず、コンビニもトイレがないところだったり清掃中でなかなかトイレに行けない。漏らしそうになった時、やっと見つけたトイレで用を足したものの、某駅前に10分ほど遅れて到着するハメに。

 そこに1人の女の子がいた。多分あの子っぽい。見た目も少し清楚というか控えめな感じで、小柄でとても細かった。写真で隠れていた口元からは一切矯正されてない前歯が結構な主張をしていた。

 すぐ話しかけられればよかったんだけど、なぜかその子、電話をしている。しかもすごく楽しそうに。本当にこの子なのか…?という疑問がよぎったが、間違いなくこの子だろう。でも僕を全く見ず、楽しそうに電話をしている。しゃべりかけられない…

 遅れてきた僕も悪いけど、無視してずーっと電話。そうこうしてるうち、wi-fiがなんとかつながったのでLINEで連絡するも「あーわかった」「ちょっと待ってね」と返事をし、そのまま電話をし続ける。電話が終わったと思えば、そこからスマホのゲーム。…なんだろう、遊びたくないのかな。まぁ気が済むまでゲームしてもらっても僕は構わないんですけどね。

 結局待ち合わせ時間から30分以上経ってから、お互いに顔を見合わせてご飯を食べに行った。歩き方もちょっと猫背。ここまで彼女に色気なり女の子らしさを感じるところは全然ない。好きに生きているのは良いことだと思うんだけどもね。ご飯は美味しくいただいたしお互いに満足だったはずだけど、デートの食事は奢られるものだという意識からか、お金を払う仕草も一切ないし、「ごちそうさま」も「ありがとう」も一切なかった。まぁ安かったし全然いいんですけどね。

 今日の予定は、ディズニー映画をTSUTAYAで借りて漫画喫茶で観ることだった。距離はまずまずあったけど、ちょくちょくしゃべりながら。会話はフランクに話せたからよかったけども、つまらないことはハッキリつまらないと言ってくるなど、割と空気を読んだり作ろうとしないところがあった。食事の時もそうだったけど、信号待ちでも僕を気にせずゲームをする事が多々あった。別にいいんだけど、一言断るとか、「面白くてやめられないんだよね」とか言ってくれるといいんですけどね。

 ディズニー映画を借りるのも時間が結構かかった。ディズニー映画がたくさんあるし、観たことないものもたくさんあるから悩むのはわかるんだけども、2人で選ぶわけでなくずーっと1人で吟味していた。決まったのは15分くらいしてからだろうか。「ふしぎの国のアリス」になった。もちろん支払いは僕。100円だし全然いいんですけどね。

 そのあと予定通り漫画喫茶へ。僕もディズニー映画は好きだし、「ふしぎの国のアリス」は好きなのでまるで問題なし。僕はそれからも楽しく過ごしていたけど、彼女は少し不満というか心残りというか、どこかスッキリしない感じだったが、時間がきたので漫画喫茶から出た。「もっと早く言ってくれればよかったのに」「延長になるのは絶対やだ」などと言っていたが、時間がきたので仕方がないし30分前に伝えたんだけど…。もちろん支払いは全部僕。まぁこれも本当に全然いいんですけどね。

 帰路。僕は割と満足で、あとは帰るだけならいいんだけども、TSUTAYAにDVDを返しに行くのが少し億劫で、そのあたりは彼女も同意見じゃないかと思って「あー返しに行くのめんどくさいわー」と同意を求めるつもりで言ったところ、「面倒ならあとで車でここまで返しに来ればいいやん」と言い出す始末。「さすがにそのほうが面倒すぎる。返しに行って、そのあと少しショートカットして帰りたいんだけど、道わかる?」と尋ねた。待ち合わせた場所は彼女の地元だし、道を教えてくれると思ったのだけれど、「知らんわからん」とのことだった。そんなことはないと思うが…。

 どうやら機嫌をだいぶ損ねていたようだが、僕もそういう彼女の態度に少し腹が立った。というか、それまでのデートの流れでも鬱憤が溜まっていたところもあって、「1人で返しに行くからここで解散してもいいよ」と言った。ついてくるのが面倒そうだし歩き疲れた事もあるだろうからそのほうが楽じゃないか?という優しさを込めたつもりだった。でも彼女から返事はなく、歩くスピードもいつもよりすごく遅い。スネているような感じだった。TSUTAYAに返しに行ったあとも同じ道を歩いていたが、隣を歩くとは程遠いくらい距離を空けて、まるで他人のようにして待ち合わせ場所だった駅へ向かった。

 結局、それから視線を合わせることも、別れの挨拶も一切なく、解散になった。うまくエスコートできなかった自分にも問題はあると思うが、今回のデートはなるべくしてなったといっていいと思う。それから今回のデートの件についてお礼と謝罪をLINEで送りたかったが、wi-fiがどうしてもつながらず、帰ってから送ることにした。

 家に着いたのはそれから2時間後(20:30過ぎ)。LINEを見ると彼女から2件メッセージがきていた。まず、別れた時間(18:30頃)に「今日はありがとう。先に帰るね」というメッセージ。それと、僕が家に着いた時間よりも10分ほど前(20:20頃)に「もうみた君とは会わない」というメッセージだった。

 おそらく、このメッセージ2件の間、彼女は僕からの返事を待っていただろうし、こんなことを思っていたのではないか。

 (1時間経っても、1時間半経っても返事が来ない。きっとみた君は怒っているはず。もし仮に怒っていなかったとしても、メッセージを送らないのは失礼すぎる。せめて何かメッセージを送るべきなんじゃないか。)

 2件のメッセージの送信時間を考えると、少なくとも彼女は僕から2時間以内には家に着いていて何かしらお礼なり謝罪のメッセージがくるはずだと思っていたに違いない。

 しかし、僕は携帯電話が使えず、wi-fiが入るエリアも駅周辺のみだったみたいで、電車に乗ってからは送ろうとしても一通も送れなかった。結局、家に着いたのは彼女が想像していた以上に遅く、僕が家に着いた頃にはブロックされていた。携帯電話が使えていれば…と思う一方、どうして彼女が処女なのかはデートをしていてよくわかったし、運をうまく掴めない部分もあるんだろうなとしみじみ感じた。