読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

twitterはじめました

 僕は、3年前からtwitterをやっております。流行りものにはまったく興味がない僕なので、あえてブログからホームページに移行するという荒業で世に逆らってまいりました。でも、日常生活の中でふと思うことが1日に何度もあったりしたもので、それを残すためにはじめたのがきっかけです。思うことが長ければこの「いつもの絵空事」に書いていけるんですけども、短文サイトではないので短い文章は絵空事には合わないだろうということでtwitterに書こうということではじめたのです。今日は、そんな気持ちではじめたtwitterの話をしたいと思います。

  twitterをはじめた理由はブログの補完の目的だけではなく、下心も少しありました。twitterは流行りものですし、ブログ以上に人とのつながりが強いだけに、フォロワーが1人でもできればその人と友達になれますし、もしかしたらそこから恋が生まれるかもしれないですし、もしかしたら僕を養えるだけの財力のある女性と結婚できるかもしれません。まあなんにせよ、少なからず何らかの反応があって、今の生活に少なからずプラスになる何かがあるだろうと思っていました。

 それから僕は普段思ったことを1日に1,2回つぶやいておりました。そして、数日が経った時に、フォローしてくれる人が2人もついてくれました。2人です、2人ですよ?すごくないですか?2人も僕のことを少なからず興味を持っていただいていて、僕のつぶやきを楽しみにしてくれているんですよ?たった2人だけのフォロワーですけど、とても嬉しかったです。ブログの訪問者数が10人増えるよりも、コメント1件もらえるよりもよっぽど嬉しかったのです。

 で、そのフォローしてくださった2人なんですが…、なんと!女性なんですよね!!これ、きちゃったと思いました。会社の営業部の偉い人でしたから、この人のヒモになれれば働かないで済む生活が待ってるかもしれないとか考えました。もう1人はよくわかりませんでした。女性であると思うんですが、写真はひまわりの画像で、つぶやきの内容もよくわからない人たちとどうでもいいやりとりをしてるだけで、僕の深い深いつぶやきとは合ってないような気がしました。でもフォローしてくれたので、僕のつぶやきには興味を持ってもらっているはずなので良しとすることにしました。それにこの人が絶世の美女である可能性もあれば、うちの近所に住むセックス中毒の処女である可能性もあるので、少なくともその人を振り向かせるために、今までよりも深いつぶやきをするようにしました。

  で、基本的に僕のつぶやきというのは哲学的な要素であったり、あと野球のこと、政治のこと、人間心理のことなどが多くを占めているので、読んでいて面白いと感じる人は少ないはず。でも僕はとにかくそういうことについてつぶやき続けました。今までよりも深く、より哲学的に。それこそが、近所に住んでいる絶世の美女でセックス中毒でいて処女の彼女が求めているものだと思ってつぶやき続けました。


  そうしてから数日後、事態が変わりました。


 フォロー数が0になりました。


  これは予想していませんでした。何かしら反応はあるだろうと思ってました。まさかリムーブという反応をされるとは思っていませんでした。営業部の偉い欲求不満の人妻にもいきなりリムられました。まさかの放置プレイですよ。欲求が満たされたのでしょうか…ムフフ。とはいえ、フォロワーが1人もいなくなって、これはとうとう追い詰められた感じがいたしました。でも、もしかしたらその2人が僕をフォローしないようにして、これから僕がどうするかを観察しているのかもしれません。その行動次第で、またフォローしてくれるかもしれませんし、お付き合いしたり、ヒモ生活を送ることができたりするかもしれません。なるほど…そういうことだったのか…!!よし、これからも元フォロワー2人のためにつぶやきまくるぞ!!