読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運命の出会いと別れ

 メッセージを送り合う「マジカルメール」というアプリがある。「マジカルメール」で仲良くなった人はあまりいないのだが、つい先日、女性のメールアドレスを聞き出す事に成功したので、その話をしようと思う。

 それは深夜のことであった。そろそろ寝ようかなと思っていた矢先、「マジカルメール」からメッセージが送られてきたのだ。

 24歳関東女ミポポ「ラインってやってる?いっぱい飲んじゃったからムラムラしちゃってる(!ノ3<*)xxx48でやってるから絡みに来てね♪

 いきなりのLINEへの誘い。しかも性欲フル回転状態。酔ってるってことは色々できたりするんじゃないのか!?などと妄想を膨らませ、同時に股間も膨らんでいく。眠気も一気に吹っ飛び、すかさずLINEから「マジカルメールからきましたー」とメッセージを飛ばした。すると、間もなくして返事が返ってきた。

 24歳関東女ミポポ「ムラムラしちゃって寝れない24歳のひまっ子です♡ちょうどスッキリしちゃった♡そういえばどこ住みで何歳なのぉ!?

 ぼく「24歳だよー、三重県に住んでる」

 24歳関東女ミポポ「わー!同じ住みだよΣ私は地元も同じなんだぁ♪

 …あ、あれ?関東じゃないの?「マジカルメール」のプロフィール欄には関東って書いてあったはずなのに…。三重県はどうあがいても関東じゃなく、あったとしても中部地方。なのに関東…?不思議に思い、「関東じゃなかったの?」と聞いてみた。

 24歳関東女ミポポ「なんで関東登録になってるんだろう(汗)でも同じだと親近感出てきたよう♡地元以外のどこか遠くにで遊びたいと思うんだぁ…いつもどのへんで遊んでるのかなぁ?

 ごめんなさい。家でしか遊んでません。遠くになんか行きません。行く友達がいません。みんな遠くにいるし会いに行く用事もないので遊びません。「家!」って言うのもアレだし、昔、ビッチと遊んでた「京都とか奈良あたり」と答えた。すると、

 24歳関東女ミポポ「いいね^^今度遊んじゃう?xxxxxxxx@docomo.ne.jp

 …ちょっと展開が早すぎやしませんかね?それにLINEで十分に会話できると思うのに…。少し不審に思い、「LINEじゃだめなの?」と尋ねてみた。

 24歳関東女ミポポ「だって…マジカルメールで投稿したから、知らない人からもいっぱい返事来て大変なんだもんTTラインは一回削除するから直で連絡してくれて大丈夫だよぉ♡

 なんでラインを削除するんだろう…意味がわからない。友達の連絡先とかも登録してあるものじゃないの?なのになぜ削除するのか。それにマジカルメールは1通送って、届く相手は1人だけ。知らない人からも返事が来ることはない。そういうアプリもあるのはあるが、それは別のアプリにしかない機能だ。だめだこの人、完全にごちゃまぜになってる。酔っ払った影響なのだろうか。それともサクラ?新たな出会い系?不審に思いつつも、とりあえず性欲に身を任せて携帯アド宛にメールを送ってみた。すると返事がすぐに返ってきた。

 24歳関東女ミポポ「メールありがとう♡男の子と普段メールすることとかゼロだから今すっごい緊張しちゃってます。

 普段メールしない割にお酒に酔った勢いでLINEに招待とかするんだな…女の子の行動力っていったいどうなってるの…理解ができない…。その続きにも、驚くべき事が書かれていた。

 24歳関東女ミポポ「それとみほ、今使ってる携帯がメールアプリバグっててちゃんと受信とかできなくなっちゃってて…途中でメール止まっちゃったらごめんね。普段はパティシエやってて毎日スイーツとか作ってます!ブログもやってるから教えておくね☆http://ameblo.jp/xxxxxx/

 メールアプリってバグるの…?聞いたことがないんだけど…。docomoだったしGALAXYか?さすがにそんな初歩的なバグはdocomoはすぐに治すはずだし、メールがバグるようなら友達とメールが一切できないだろうに…。この子は友達がいないのだろうか。それともただのどうしようもない出来損ないのサクラなのか?とりあえず、本物なのかどうかはblogを読めばわかるはず。やっぱり偽物ならばそれらしい事を書いている。僕はメールの続きを読むのを一旦やめてblogを読むことにした。

 そこには驚くべき事が書かれていた。ミポポには兄がいて、その兄は生まれつき下半身不随なのだそうだ。その兄の世話をしている影響で、男性を恋愛対象として見ることができず、男性恐怖症になってしまったそうだ。パティシエの仕事についても書かれていたが、それについてはとても楽しそうに書いてあった。僕には、パティシエをやりがいに感じながらも、心に大きな傷を負っているのを隠し、楽しく振舞っているかのように見えた。お酒を飲んでムラムラしてしまったのも、きっと普段のストレスからきているのだろう。僕はミポポさんに同情した。支えてあげようと思った。僕もミポポさんの兄の世話をしながら、ミポポさんの男性恐怖症を取り除いてあげて、いつか2人で幸せになろう。そう思った。メールアプリがバグるのは嘘っぽいとかLINEのIDを消す意味がわからないとか、挙げ句の果てにはサクラだと疑ってしまった事をとても情けなく思った。ミポポさんごめんなさい。

 僕は一粒の涙を心のなかで流したあと、メールの続きを読むことにした。

 僕の未来の花嫁ミポポ「とりあえずもしメールアプリのバグとかで連絡取れなくなったりするのはつらいし、みほのパティシエブログ載せてる場所もう一個教えておくね!こっちだったらチャットとかもできるっぽいからこのあと連絡してくれると嬉しいな☆http://xxxx.net/miho_mail/ とりあえずみほ、こっちから連絡来るの待ってみるね!スマートフォン調子悪いからこのままメールアプリ削除しちゃうね…。それじゃ、チャットから連絡くるの待ってるね♡

 僕はそこに書かれていたアドレスにアクセスした。そこには、「友達トークの招待状を送る事でその人と連絡が取れるようになる」と書かれていた。よくわからないけどとりあえずこの人と連絡と取って結婚しないといけないからメールを送ってみた。

 しかし、ミポポから連絡がくることはなかった。招待状の返事すら返ってこない。なぜなのか…。わけがわからないので、ミポポの携帯アドに「届かないんだけど?」とメールを送ってみた。でも、すでにメールアドレスは削除されていた…。ミポポはすでにメールアプリなるものを削除していた。

 LINEもすでに退会している様子で、連絡を取る手段が何もない。困った。僕はフリアドだけではなく携帯アドからも友達トークの招待状なるものを送ってみた。だが、返事はなかった。


 僕は一切返事が来ない携帯電話と睨めっこをしている最中、すっかり熟睡しきっていた。目覚まし時計が鳴り、目が覚め、携帯電話にミポポから連絡が来ていないか確かめた。


 メール受信数:286件


 中身はミポポからのメールではなく、すべて出会い系サイトからのメールだった。なぜ出会い系サイトからたくさんのメールが届いたのかはよくわからないが、いつかはミポポから連絡があると信じ、今もなお友達トークの招待状を送り続けている。

正しい英語の使い方

 僕が中学に進学したときの話。兄と同じ道を選ぼうという気持ちと、体育会でも楽な部類の部活に入りたいという浅はかな気持ちで卓球部に入部した。一緒に入ろうとしていた友達はみんな入らず、会話したことがない同級生ばかりで最初は寂しい気持ちだった。

 しかし、その状況はみんな同じだったようで、次第にみんなで仲良くなり、同級生全員がとても仲良しな良い関係を築けていた。僕は、その人間関係が楽しくて毎日楽しく部活に通っていた。

 その部活と同時期に、中学では新しい科目の授業がはじまった。「英語」だ。小学校の頃に習ったのはローマ字だけで、英語は「Hello」程度しか知らなかった。日本語を日本語として理解しておらず、ただの"言葉"として認識していた僕にとって、新しい"言葉"はとても新鮮に感じ、そこで"言葉"は徐々に"日本語"に変わっていき、英語を理解できるようになっていった。

 僕は英語の授業がとても好きだった。知らないことばかりだし、国語の授業と違って、言葉の仕組みや単語を習うだけなので、やっている事はとても簡単なものだなと感じていた。

 English。エングリシュ。
 sunday。スンデイ。
 bike。ビケ。
 soccer。エスオーシーシーイーアール。

 英語はとても新鮮だったし、覚え方を考えるのがとても楽しかった。特にsoccerのスペルの覚え方は面白い響きでシュールに感じた事で、一瞬にして覚えることができた。こうやって単語を一つ一つ覚えていくことがとても楽しかったのだが、1学期にしてとてもつもない難易度の高い単語と巡り合った。

 interesting

 インタレスティング。「面白い」という意味なのだが、あまりにも単語が長く、覚えるのが難しい単語として、その日はずっと胸に引っかかっていた。インタレスティング。インタレスティング。長い単語を覚えたことで、とても賢くなった気になっていた。

 その日の部活の時も、この単語は常に頭のどこかに浮かんでいた。特に意味はないが、疲れなどで何も考えられない時に頭に出てくる。基礎体力作りでランニングをやらされている時にも、常にインタレスティングが脳裏をよぎっていた。

 僕達1年生の指導にあたっていた1つ上の先輩はとても厳しかった。はじめて後輩を持つということで、かなりの優越感があったのだろう。ランニングが終わったあとに筋トレをする事になり、体力で個人差がかなりあるために遅く終わる人や早く終わる人が出てくる。僕はその中でも遅い部類だった。

 体が小さく、ロクに運動をしてこなかったために、僕の体は少々の筋トレでも悲鳴をあげていた。なので、先輩からしてみればいじめ甲斐があったのだろう。「早くやらんかいー!」と罵声に近いものを浴びせられる。

 僕がようやく筋トレを終え、ぐったりしていると「早く立て!次のメニューやるぞ!」と言われ、さらに背中に蹴りを入れられた。はじめて蹴られた。はじめて人に蹴られた。僕にとってはそれがとても衝撃的だったが、疲れで何も考えられず、頭がボーッとしていて、目覚めつつあったマゾヒストの血からなのだろうか、笑顔になっていた。そして、僕は笑顔で「インタレスティング」と少しゆっくり発音した。

 「インタレスティングってなんやねん!」先輩から鋭いツッコミが入り、さらにまた蹴りを入れられた。僕はまた「インタレスティング!」と少しゆっくりと、さっきよりも滑舌よく言った。続けてまた先輩から「だからインタレスティングってなんやねん!」と鋭いツッコミが入り、また蹴りを入れられた。先輩は笑っていた。僕も先輩に釣られてもっと笑顔になった。

 インタレスティング。それは「面白い」という意味の単語。おそらく先輩は頭が悪く、interestingの意味を本当に知らなかったのだろう。たとえ上下関係があっても、インタレスティングと言えば、単語の意味と同じ「面白い」空気が流れるという魔法の言葉。困った状況になった時に、一度「インタレスティング!」と唱えてみてはいかがだろうか。インタレスティング

中二病でも吠えたい!

 あれは、僕が中学二年生の時だった。中二といえば、厨二病をもっともこじらせている時期で、僕も尾崎豊を聞いて一人で感動に浸っていた。この時期は、そういうような「ひとりで完結できる世界」というような、自分の世界を創造してはその世界で生きる事に最高の幸せを感じていた。

 たとえば、"僕が考えた最高にかっこいい服装"に着替え、周りの目は明らかに冷めているというのに、自分にとってかっこよく見えていればいいという発想で、そのまま友達と遊びに行って迷惑をかけたりだとか、周りの目など一切気にしない幸せな日々を送っていた。

 そんなある日の休日、僕は出かける用事があったので、先述したような"僕が考えた最高にかっこいい服"に着替え、友達と会った。その友達の家の近所をウロウロし、近くに住んでいる別の友達の家に上がり込んで遊ぼうという、周りのことなど何も考えない「ひとりで完結できる世界」に友達と一緒に浸るという遊びをすることにした。これを考えたのは僕ではなく友達なので、友達も僕と同じような厨二病だったのだろう。

 そんなよく似た僕と友達は、とある一軒の家の駐車場で犬の姿を目撃した。茶色い中型犬で、見た目はドーベルマンに似ていたが毛が多かったので雑種にも見えた。そんな茶色い中型犬は、僕達を見るなりとてつもない獰猛な声で鳴きはじめた。「ワン!ワン!」のような生易しいものではなく、「ヴヴァン!ヴヴァン!」というような、近所中に響き渡るような大きな鳴き声だった。

 僕はそんな犬をどうにか撃退したい衝動に駆られた。どうすれば犬を撃退できるのかと。どうすれば犬を黙らせる事ができるのかと。今までに学校で培ってきた頭脳で必死に考え、僕はひとつの結論に至った。


 吠え返せばいい。


 もともと、犬はとても警戒心が強く、飼い主を守る目的で吠える。要するに、僕達が怖いのである。怖くなければ吠えることはしない。しかし、より恐怖心を与える事ができれば、撃退できるのはないだろうか。僕はそう考えた。一方の友達は黙って通り過ぎようとしていたが、犬に負けて逃げてしまっては「負け犬」なんてレベルでは済まないはずだ。生半可な生活知識で身についた奇妙なプライドが僕を掻き立てる。そして、僕は獰猛な声で吠える犬よりも、さらに獰猛な声で吠え返した。


 僕「ヴヴァオオオォォォン!!!!ヴァオオ!ヴァオオ!ヴァオオオオン!!!」


 茶色い雑種のような犬の目を睨みつけ、どこぞの犬よりも犬になったつもりで、できる限りを尽くした声で叫び吠えた。獰猛に吠えていた犬は僕の叫びを聞いて黙り、駐車場の奥へとゆっくり歩いて行った。

 僕は勝利の余韻に浸っていた。犬に勝った。僕は犬に勝ったんだ。犬よりも犬になれたんだ。ものすごい幸福感が僕を包む。あの犬よりも迷惑な鳴き声で叫んだというのに。周りの事など一切気にせず、「ひとりで完結できる世界」の中に入り込んでご馳走を食べている気分だった。

 友達は、その僕の姿を見て若干引いていた。だが、引いてくれて構わなかった。僕はやりきった。友達がどう思おうと関係がない。しかし、友達から衝撃の一言が飛び出した。


 友達「お、おい。上見てみろ


 なんだなんだ、もかと思ったが、ただの青空だった。たしかにキレイだがなんだ。しかし、上のほうを探していると、犬のいた家の2階のベランダに、虹ではなく物干し竿がかかっていたそばに、何か見たことがあるようなひt――


 ――同級生2人。


 ――しかも。


 ――女子。


 僕だけの世界はそこで一瞬にして崩壊した。その二人は、僕達をずっと観察していたかのように、素晴らしい笑顔でこちらのほうを観察していた。しかもその同級生はクラスでもヤンキーに入る部類で友達も多い。確実に他のクラスの女子に言いふらされる。「ひとりで完結できる世界」なんて意味が無い。現実世界が危ない。僕は一気に顔面蒼白になり、きらびやかな幸福感など微塵も感じられないような無表情へと一瞬にして切り替わった。

 僕達は厨二病のことなどを忘れ、その友達の家まで早足で引き返して黙々と対戦ゲームをして遊び、「ふたりで完結できる世界」へと逃げ込んだのであった。翌日の学校の話はとてもじゃないけど書けない。