バーチャルYouTuberのはじまりと終わり

 YouTube界隈で絶大なブームを巻き起こしているバーチャルYouTuber(略してVTuber)。チャンネル登録者数の増加数はVTuberがいつもトップ10に複数人いるほどの人気ぶり。VTuberはなぜ流行ったのか?なぜ今も流行っているのか?ブームが終わる日はあるのか?色々と考えてみたいと思います。

 

VTuberが流行った理由とは

 流行る以前からVTuberの第一人者である「キズナアイ」はチャンネル登録者数100万人超えをする大人気YouTuberでしたが、特別人気のある動画があるわけではなく、一部オタク層に向けたものでしかないニッチな存在でした。

 ただ、第二のキズナアイを目指そうとしたVTuberが現れ、そのうちの1人「ミライアカリ」が行ったクリスマス生放送内で謎の一般男性からきたLINE通知が見えたりPC画面がうつされるなど放送事故だらけで終始グダグダだったり、一コンビニ店員の「ねこます」さんが狐娘になりきるも声がおじさんで、その中身がおじさんの狐娘とポッキーゲームをする動画だったり、わきでおにぎりを作る動画などが見つけられるなど、VTuber界にネタがあふれている事にみんなが気づきはじめました。

 そういう面白さもあるでしょうし、YouTubeを行っているのが2次元キャラクターというのもあり、ただの一般の方とは違ってその人なりの背景などが一切なく、スキャンダルなども存在しないのも大きいと思います。そのあたりは普通のアニメキャラと同じで、アニメキャラにある背景はアニメ内や原作の漫画のみで、その他の部分は存在しません。VTuberも同じで、存在するのはネット内のみ。中の人である声優さんを追うというのもあるかもしれませんが、VTuber自身はネット内にしか存在しません。

 個人的に、そのあたりのクリーンさだったり安心感があるというのは一般的なYouTuberに対するアンチテーゼも込められているのではと思います。よく言われる事務所の壁であったり、あくまで商売としてYouTuberをする人もいたりとか、異性に関するスキャンダルなどなど、動画を見て純粋に楽しむには邪魔になるものがつきまとう事がたびたびあります。それが嫌でVTuberにうつったという人もいるのではないでしょうか。

 

今も変わらず人気なのはなぜ?

 まぁまだ人気が出てそれほど経っているわけではないですが、少なからずこれだけブームが長続きしているわけですし、本当に流行ってきていると思っていいでしょう。事実、先日行われた「ねこます」さんのニコニコ公式生放送の来場者数が10万人超え、コメント数も30万件を超えるなど、尺にして2時間ちょっとだったと思うのですが、ニコニコ生放送でこれだけみんなが楽しんでいる生放送は本当に久々に見た気がします。終了後のアンケートも95%くらい「とても良かった」でした。

 人気が今も変わらずある、むしろ勢いを増している要因として、人気のあるVTuber一人ひとりに大きな特徴があり、住み分けができている事が大きいと思います。VTuber四天王と呼ばれる5人の方々でいえば、「キズナアイ」はポンコツ&調子乗り、「ミライアカリ」は鋼メンタル&コミュ力、「シロ」は清楚&サイコパス、「輝夜月」は観るマリファナ&首絞め声、「ねこます」はおじさん&狐娘。他にも特徴はあるのですが、まぁだいたいこんな感じ。キャラの見た目に頼っているだけでなく、その中身や性格のほうが注目されていると思います。

 あと大きな理由として、皆さん性格が良いという事でしょうか。嫌味のある部分が一切ありません。VTuber四天王の中で唯一の男性(?)である「ねこます」さんも、動画の中身ももちろん良いですが、それ以上に温かみのある性格で人柄が良い点が人気に思えます。そういった人間ならではの嫌な部分が一切なく、アニメキャラのように特徴があるだけで嫌な性格の部分が一切ないのが大きいと思います。実際、VTuber四天王の方々はその動画内や生放送内での言動が原因で炎上した事は一度もありません。

 

個人VTuberが次々と誕生、さらに大きなブームに

 VTuberが流行りだした当初は、さきほど挙げた方々くらいしか人気がなければ存在してもいませんでした。しかしこの波に乗ろうとさまざまな個人VTuberが参入してきました。「ねこます」さんのように一人で3Dモデルまたは2Dのキャラ絵を描き、それをキャラとして声を吹き込み動画を作る――そうやって動画を作る個人VTuberが毎日のように新しく出てきはじめています。

 中には第一人者である「キズナアイ」を超えるのではと思うほどの技術力を持った方がいたり、ただ2Dキャラをうつして喋るだけのVTuberまがいのものもいたり、VTuberの定義がわからなくなるほど有象無象になってきました。

 現状、やはりまだ一番面白いのはVTuber四天王の方々であるのは間違いなく、まだ伸びはじめた分野であるため伸びしろもたくさんあります。そのため、個人VTuberの時代がいつくるのか――そう思っていましたが、まだ動画を10本もあげていないような新参者がチャンネル登録者数3万人達成するなど、個人VTuberがものすごく注目を浴びてきました。

 この流れ、なんとなく仮想通貨に似ている気がしまして。それと同じようになるとするならば、人気が出るはずのないVTuberが人気になったり、需要と期待が乖離しはじめるとVTuberブームは終わりを迎えはじめると思われます。そして、本当に需要のあるVTuberのみが残る。おそらくこのような流れになります。

 さきほど挙げた3万人達成の新参者は実力があるのでアレですが、他にもまだ人気と実力が噛み合ってない人達がいますし、おそらく期待をしている方がなんらかの理由で失望しはじめ、徐々に個人VTuberは人気を失っていくでしょう。VTuber四天王の方々はアニメ人気とYouTuberが終わらない限りは安泰だと思います。

 

個人VTuberブームが終わる事はあるのか?

 個人VTuberブームが終わるには、その中でも人気のある方がスキャンダルに遭ったりすると人気がなくなるのではと思っていました。またこれだけ急激に人気が出るため、なんらかの形で反動もくるだろうと思っていました。現に、個人VTuberとしてとても人気のあった「のらきゃっと」さんは生放送内で顔バレしてしまい、さらに本名バレや2ch内での書き込みなどが発掘されるなど悲惨な事になっています。それでも相変わらず人気がありますが、おそらく他に良質なVTuberまたはコンテンツが見つかれば視聴者がどんどんうつっていくものと思われます。

 ちょうど今日ですが、数少ない個人の女性VTuberのTwitterYouTubeがハッキングに遭い削除されました。ただの犯罪行為なだけなのですが、本人はそれほど復帰に強い意思があるわけでもないため、このまま引退するものだと思われます。まだそこそこ人気のある女性VTuberがいなくなっただけで大きな影響はないですが、個人VTuber内では大きな影響力があった事もあり、じわじわとVTuberの波が収まっていくのではと思います。

 ただそれは他に優秀なVTuberが出てこなければの話で、今でも技術力のある方はたくさんいますが、それに並ぶぐらいの技術力のある方であったり、VTuber四天王に負けないくらい魅力ある方が出てくる事があればまだまだ続くと思います。

 

VTuberの人気はいつまで続く?

 普段VTuber動画ばかり見ていてYouTuber動画はほとんど見ていなかったんですが、動画の内容がまるで違うために視聴者層も全然違うでしょうし、個人のYouTuberと違ってそこそこの年齢の方も熱心に観ているように思います。VTuber四天王の一人の「シロ」の個人スレには懐かしの2ch文化である「シロ」のAAがいくつも作られたりですとか、FLASHを思わせるような動画が作られたり、ファン活動が一昔前のものな事が散見しています。また、登録者8万人のバーチャルアイドル「ときのそら」に作詞作曲及びミックスを行えるような方が複数人いたりもします。

 VTuber人気が終わるとするなら、アニメブームが終わった時、もしくはVTuberに代わるようなコンテンツが見つかった時だと思います。現時点ではまだまだ手探りな環境で一般層には浸透している状況ではないため、本格的な人気には至ってないと思われます。それら一般層にもウケだした時、VTuber人気は徐々に収束に向かっていくものの、一定の地位を築き安定するのではないでしょうか。

 

さいごに。おすすめのVTuberなど

 VTuber動画ばかり観ているので、VTuber四天王も含めてオススメのVTuberを何人か紹介します。

 

「電脳少女シロ」

 VTuber四天王の一人で、見た目は清楚で声が高いいわゆる萌え声なのですが、時々ものすごく低い声を出して絶叫したり、男性でもいわないような汚い言葉を平気で言ったり、急に般若心経を唱えたり突拍子のない発想をするなど謎の言動が多く、ファンの間では彼女の思考回路に関する考察もたびたび行われています。中の人がFPSゲーマーらしく、そういったゲームやドラゴンクエストライバルズといったカードゲームも得意ですが、ホラーゲームがとても苦手です。撃ち殺せないのが理由ではないかと言われています。

「あっくん大魔王」

 個人VTuberの方。魔王キャラですが、中身は童貞。FPSゲームのPUBGを好んでよくプレイしていますが、敵が現れるたびに絶叫しごめんなさいごめんなさいと謝るなど、魔王とは思えないひ弱で一つ一つの言動が愛らしい性格をしています。特に他のVTuberの方とコラボした時に本領が発揮され、何をするにも笑いを生んでしまうなど天然なところがよくみられます。動画も面白く性格に温和でとても優しく嫌味がないため、これからもっと伸びるのではないかと期待しています。

「カフェ野ゾンビ子」

 個人VTuberの方。完全なバーチャル空間を作っており、ゾンビとして自撮り撮影風にさまざまな遊びを行う動画を投稿しています。たとえば料理を作ったりバウンスオフやジェンガをしたりなどをバーチャル空間で物理演算を行って動画を作っているため、数々のVTuberの中でも一番VTuberをしているのではないかともたびたび言われています。たまに動画内で"たかし"と呼ばれるゾンビAIや、ゾンビを撃ち殺しにきた人間が現れるなど、単なるバーチャル空間にとどまらず、いつ何が起こるかわからないハラハラ感が常につきまといます。カフェ野ゾンビ子さん本人もとても温和でよく笑う方なので嫌味はなく観ていて素直に楽しめます。

「バーチャルおばあちゃん」

 個人VTuberの方。元々ニコニコ動画内で動画を投稿していた「すあだ」さんがやられています。前者の「バーチャルおばあちゃん」は、おばあちゃんがCoDといった戦争ゲームや、恐竜を討伐する大人気ゲームMHWなどの猟奇的なゲームをプレイし戦争当時を思わせるような危ない単語(シナ、慰安婦満州など)が普通に飛び交います。古くからいる視聴者が多いのか、他のVTuberの方とは違い視聴者の方にも面白い方がたくさんいるなと感じます。とにかく笑えるゲーム動画が観たい方におすすめです。また、同じく「すあだ」さんがやられている「さょ」も独特で面白い生放送をされていたりするので余裕のある方は両方チェックされるといいかと思います。

 

さいごに

 これほど長文になるとは思いませんでしたが、飛ばし飛ばしでもここまで読んでくれた方がいれば本当に嬉しいです。VTuberがこれからもどんどん発展していくことを期待しています。グダグダと長い長文を読んでいただきどうもありがとうございました。

ビットコイン100万円突破!ということで、仮想通貨の自分なりの買い方をまとめてみました。

 本日、ビットコイン(以下BTC)1枚の値段が100万枚を突破しました。テレビCMでBitFlyerがBTCについて宣伝しているのをたまに見かけるかと思いますが、そもそも仮想通貨とはなんぞや?と思う人もいるかもしれません。僕もあまり仮想通貨の仕組みには詳しくないのですが、まだまだ発展途上で使う場面が限られている世界共通通貨だと思ってもらえればいいかと思います。

 そんな仮想通貨に手を出す生活を1ヶ月続けた結果、一応収益プラスという形となっています。ただそれまでにも収益がマイナスになる事もしばしばありましたし、ものすごく稼いだあとに地獄を見たこともあります。そこで、僕の経験上、仮想通貨をどう買うべきか?買わない場面はどういうときなのか?簡単にですが、書いていきたいと思います。

値段が上がってる時は買うな!

 仮想通貨は場合によっては1日に10倍近く値段が動く事もありますし、逆にマイナスに大きく振れる事だってあります。ただ、これまでの経験上、マイナスに大きく振れる場合というのは、値段が大きく上がった後に限ります。徐々に落ちたり徐々に上がっていっている中、急にマイナスに大きく動く事はありません。急に値段が上がる時というのは、たとえば普段利用している仮想通貨が別の取引所でも買う事ができるようになったり、仮想通貨の難易度調整(HF=ハードフォーク)などを行う予定が発表された時だったりです。基本的にそれらの発表があれば対象の仮想通貨の値段は上がりますが、あくまで期待を込めてであり、それが終われば値段が落ち着きはじめます。買うとしたらその時にしておきましょう。

赤字でも焦って売るな!

 これは僕の経験上すごくすごく感じる事です。ここから値段が上がりそうにない――他の仮想通貨が上がりはじめているから乗り換えたほうがいいんじゃないか――という瞬間が毎日何度もあります。それでも買ったものは売らずに持っておきましょう。どうしても売りたい!となっても、とりあえず1時間、もしくは1日、できれば1週間は売らずに持っていくことをおすすめします。やっぱり皆さん値段が安い時に買って高い時に売りたいわけですから、値段が下がっている通貨が狙い目になるわけです。なので急に下がったとしても必ず底が存在します。その底までは我慢して、売るのであればそこから上がってくるまで待つ事です。一旦上がりきれば急激に落ち、そこからまた上がる。それが基本の流れですので、焦って売らないようにじっと耐えましょう。

何も言われないうちが買い時!

 僕はzaifで取引しているのですが、zaifにはチャット機能がついており、たくさんのユーザーがそこで会話をしたり、急激に上昇している銘柄について実況(祭りともいう)したりしています。そこでは嘘八百なことを言う人もいれば正しい知識を書いてくださる方もいるのですが、とりあえずその会話で出てくる銘柄については買わないことをおすすめします。なぜかというと、それらの銘柄はすでに値段が上がっている事が多いため、そのチャットの言う事を真に受けて買ってしまうと、間違えて天井付近で手にしてしまう事があるのです。「○○はまだまだ上がる!」「○○まだ持ってないの?早く買わなきゃ乗り遅れるよ」などという意見が山のように出てきます。このような甘い誘惑は基本的に罠です。値段がこれ以上ないくらい上昇していてサーバー落ち寸前になっている場合でなければチャットでの言うことは無視し、会話にまず出てこないもので値段がこれ以上下がりそうにないものを買うことをおすすめします。少し時間はかかりますが確実に稼げる手段になるかと思います。

悩んだらとりあえずビットコインを買う!

 ビットコインは誕生してからほぼずっと右肩上がりで値段が上昇しています。だいたい1年前は9万円台でしたので、1年ずっと持っていれば10倍以上の資金を手にする事ができた計算になります。また、ビットコインは仮想通貨の象徴であり、ビットコインの衰退は仮想通貨の衰退ともいえます。日によって値段が下がったりすることもありますが、我慢して持ち続ければ間違いなく値段が上がります。何を買えばわからない――という人はとりあえずビットコインを買っておくことをおすすめします。

なるべく余剰資金で遊ぶようにしよう!

 まれに自分が持っている資産全部を投入して仮想通貨に投資をする方がいますが、おすすめはしません。基本的に仮想通貨は持ち続けていれば値段がどんどん上がっていきますが、チャートを見てしまえば全資産がどんどん下がっていったり、もっと上がる手段が見つかって他の仮想通貨にうつしたくなったりすることがあるかと思います。しかし、そういうのは大体動けば動くだけ損します。何度も書きますが、仮想通貨は持ち続ける事が勝つための方法です。毎日のように取引をして勝ちをどんどん積み上げられるのはごく一部のトレーダーのみでしょう。精神的優位を保つためにも、もし失ってもいいと思えるくらいの金額で遊ぶようにしましょう。

ビットコイン以外に「買い」といえるものは?

 ビットコインは値段がとても高く、値段が100万円から101万円に上がったとしても大した利益にはなりません。やはり投資額が大きくなければいけないのか?と思うかもしれませんが、ビットコイン以外の仮想通貨は高くても10万円台で、一番小さいものだと0.5円くらいです。なので、そういう値段が低いものほど値動きが激しくなりがちなため、それらを狙うといいかもしれません。ビットコイン以外でオススメを挙げるとすればモナコイン」ビットコインキャッシュあたりでしょうか。

 「モナコイン」は日本生まれの仮想通貨で、定期的にmonapartyなるものが開催され、そこでモナコインを遊びの用途で使うという、ビットコインのように物の取引として使われるものではない一風変わったものです。ここ1ヶ月で値段が急激に上がってはいますが、それでも安定感があるのでオススメです。

 「ビットコインキャッシュ」は1週間前ほどに急激に値段が上がったもので、ビットコインとはまた別物です。ただ性能はビットコインより優秀らしく、急激に値段が上がったあとも高値でキープしていることもあり、ビットコインに次ぐほど値段が上がる可能性があるかと思われます。

 挙げた2つも他のものも、ビットコインほど順調に値段を上げているものではなく、急激な上がり下がりがあるので、落ち着いていると思ったタイミングで買うことをおすすめします。

 

おわりに…

 僕が言えるのはこれくらいです。冒頭でも少し書きましたが、僕の買い方はとてもひどく、いつもチャットに騙され、上がっている通貨に手を出し、中途半端なタイミングで損切りをし、やけくそで適当な仮想通貨を買うような手法です。それで投資額の20%ほど損をしたまま推移していましたが、現在は収益プラスに落ち着いています。それくらい適当な手法でもプラスなんですから、僕が書いた事だけ守れば必ず資金はプラスになります。あと重要な事として、ビットコインが100万円を超えたからといって、100万円以上を持っていないとビットコインが買えないというわけではありません。100円くらいでも買えます。ですので、お金が全然ない学生さんやフリーターの方でもはじめられますし、まだまだ発展途上の分野でもありますし、全世界の投資額も毎日のように増え続けています。少しでも興味があれば、少しでも値段が安いうちに仮想通貨の世界に足を踏み入れてみてはどうでしょうか。

声優・竹達彩奈さんの服が3万円なだけで炎上している理由

 人気声優の竹達彩奈さんが着ている服が3万円だという事がネット上で判明し、それに対してファンの方やネット住民の人たちが「3万円は高すぎる」などと言い話題になっているようです。

 

f:id:gomanii2:20171102184216j:plain

Sheep Dreamキャミワンピース エミリーテンプルキュートEmily Temple cute28,944円(税込)

だ、そうです。

 

 確かに服1着に3万円は少し高い印象がありますが、声優界で長く人気があるわけですからお金にも余裕があるでしょうし、声優とはいえ、ひと目に触れる機会が多く、人に見せる可能性があるために高めの服を着て自分を着飾るのは普通のことだと思います。であるのに関わらず、なぜ竹達彩奈さんの服装をめぐってこれほど意見が飛び交うのでしょうか?

 僕が感じるのは、声優さんというのは距離が近く、アニメに出ているわけですしアニメが好きだろうという事、ゲームにも出ているのでゲームも好きだろうという事。一概にそうは言えないと思いますが、親近感があるのは間違いないでしょう。

 トップ芸能人やアーティストのような憧れの対象というよりも、声優ファンの心理としては仲良くなりたい、身近に感じたいと思っているのではないでしょうか。なので、自分より高い服を着ている竹達彩奈さんに対し、もう少し安い服を着てもらいたいと心底で思っているのではないでしょうか。表面には表れないでしょうけども。

 あとは服の値段の相場が理解できていない人が多いという事ではないでしょうか。服装に気を使わないのが悪いというわけではないですが、お金がある程度ある人が着る服の値段というのがいまいちわからない事もありそうです。ファッションについて基本的に無頓着であるがゆえ、3万円という値段がすごく高く感じるのだと思います。

 他の声優さんについても、やれブーツの値段が10万円だとか、服の値段について言う人がちらほら見かけます。服の値段がピンからキリまでありますし、声優さんは今では見た目が良くなければいけないようになってきていると思います。なので、新たに仕事をつかむに見た目や服装に気をつけるのは売れるためにはどうしても必要なことなのです。

 では逆にファン受けするように安い服を着て見た目にもあまり気を使わない声優さんはどうでしょうか?おそらく、本当に安い服を着て、本当に見た目に気を使わない声優さんであれば、声優ファンは誰一人として見向きしないと思います。見た目に気を使うからこそ第一印象も良くなるでしょうし、色々な方の目に留まります。高い服を着るのはそれだけプロ意識が高い証拠だと僕は考えますが、いかがでしょうか。